アラフォーママの煩悩全開ブログ

のんびり暮らしたいワーママの理想と現実。コストコ好き。Youtube大学好き。家事全般苦手。無痛分娩の記録もあります。

永井マザーズホスピタル計画分娩5 出産

スポンサーリンク

03:00 出産に近づいてる感じ

麻酔を追加したり、寝たり、ラジオを聞いたりしてる間に、ゆっくりと出産に近づいてるようで、看護師さんにも「今日中に産まれるね」と言われました。

 

痛みはないし、お腹が張っている感覚はあるものの快適です。やたら汗をかくので頻繁に水分を取っていました。

 

09:00 午前中に産まれますように

子宮口は8センチ。人口破水しました。もちろん痛くないのですが、大きなはさみを入れるらしいので、怖いから見ないようにします。

 

ちなみに、出産にあたって、ダメ元でとある先生に担当してもらえるよう希望を出していました。妊婦検診の時に、内診がまったく痛くなくて説明も丁寧ですごく安心できる先生がいたので、その先生にお願いしたくて。

 

「希望は伝えておきますね」としか言われなかったので、無理かなーと思っていたら、なんとその先生が分娩室に来てくれました!

 

先生「昨日が当直なので、今日は午前中までしか病院にいないのですが、その時までに産まれるようなら私が担当しますからね。でもお産は急ぐものじゃないので、焦らないで」

 

こちらの一方的な希望なのに気にかけていただいていたなんて。しかも夜勤明けなのに・・・ありがたい。

でも、午前中ってあと3時間しかない!ここから先は、暇つぶしグッズに癒されている場合じゃないと、ひたすらお腹の赤ちゃんに語り掛けるイメージで、お産よすすめ~と思っていました。(急に焦らされてかわいそうなわが子)

 

そのうち、おなかの張りが動くというか、回転する感覚がありました。赤ちゃんはお腹の中で回りながら降りてくるっていうのがリアルにわかって驚き。

 

11:00 子宮口全会~出産

11:00には、子宮口がほぼ全開になっていると言われました!午前中に間に合うか・・・?でもそんなすぐに産まれないだろうとたかをくくっていると、なにやらあわただしく看護師さん&助産師さんが準備を始めています。

 

わたしも慌てて夫にラインで連絡。

 

助産師さん「いきむ練習してみましょうか。大きなウンチを出すイメージでね、お腹のはりに合わせて、息を吸って吐いて、もう一度息を吸ったらいったん止めて、下腹に力を入れましょう。顔はおへそを向けてね。」

 

ぶっつけ本番ですが、言われるままにやってみます。

助産師さん「いいですよ、いきむのうまい!」

褒められてうれしい私。

 

ここで私にとって大事なお願いを伝えます

私「あのー、一つだけお願いしたいんですが、刃物とか血とか見るの苦手なんで、見えないようにお願いしてもいいですか?」

 

助産師さんたち「あらー、そうなの?」「そんなに見えないから大丈夫よぉ(笑い)」「医療現場には努められないわねー(笑い)」「包丁は使えるの?」

 

と、なんだかダメな子をみるようなリアクションでしたが、希望は尊重してもらえました。先生が登場すると、

 

助産師さん「先生、刃物は見せちゃだめですよ(笑)苦手だそうですよ」

先生「いや、そんなに見えるもんじゃないから大丈夫ですよ(笑)先端恐怖症とかですか?刃物見るのもだめ?」

私「人に向けられる刃物はダメです、映画とかでもグロイのはだめですし」

 

とまた、その話題でひと笑い。私としては必死なお願いですが、意図せず和やかムードに。そのままもう一度いきむように指示されます。

 

助産師さん「いい感じです。ちょっと狭いんで、お手伝いしますからね」

お腹をぐいぐい押されます。くどいですが痛みはまったくありません。「お手伝い」というのはどうやら吸引分娩をすることのようで、先生が器具を取り出します。

 

助産師さん「はい、次いきんだら産まれますからね」

私(またまたー、そんなにすぐ産まれないって。これは励ましてくれてるのかな)と思っていたら、

 

先生「お母さん下見て!!」

わたし「うぉ!!!」(ほんとにこう言った)

赤ちゃんがいました。マジ産まれた!!お母さん、わたしが!!

 

胸にシートが広げられ、赤ちゃんが置かれます。ぐんにゃりとして暖かい。しめっている。頼りないような力強いような不思議ないのち。わぁわぁあああああ。と思っている間にすぐ回収されてしまいました。

 

その後は、胎盤を出します。ぬるっとしたものが出た感覚が。続いて、傷のチェックと縫合。

 

先生「切開のあとを縫いますからね。裂傷もかなりありますね。内部の裂傷は表に糸が出ない特殊な縫い方で縫いますからね。この糸は解けるので抜歯はないですから。」

 

なんだか痛そう・・・。先生がかなり頑張って縫い縫いしてくれているのが見えます。縫合は思ったより時間が長いです。これ、麻酔なしで出産してたらどれだけ痛いんだろう?

 

先生「普通分娩だと表面の皮膚麻酔だけで縫うんですが、その場合どうしてもチクチクした痛みがあります。今はいたくないでしょう」

まったく痛くないです!

 

先生「もう少しだから頑張って」

私としては虚脱してるだけなので、むしろ先生の方がお疲れのところすみません。お礼もちゃんと言いたいけれど、開いた股越し(!)に言うのもどうかと思って言えず。

 

縫合が済むと先生はぱっといなくなってしまいました。

その後、お腹にアイスノンを載せて冷やします。その間に夫に入ってもらって、お洋服にを着せてもらった赤ちゃんを連れてきてもらって、ひと時の幸せな時間。

 

赤ちゃんを胸の上にのせてもらって、夫とまじまじと顔をみていました。なんだろうこの小さな可愛い生き物は。あふれる母性とか、そういった感覚はよくわからいけれど、とにかく幸せ!幸せ!!

私でもちゃんと産めた、ほっとした・・・。

 

産後の痛みのはじまり

 

赤ちゃんは小児科のチェックを受けるため、今日は新生児室で預かってもらいます。私は車いすで個室に移動。麻酔がかなり効いているので下半身はまったく動きません。助産師さんが体を拭いてくれたり、着替えさせてくれたり、移動させてくれたり、すべてお世話してくれます。優しくてありがたくて涙が出そう。

 

個室移動後は、さっそくお腹がすいていたので昼食をがっつきました。今日のお昼はハンバーガー!美味しい~。

この時は麻酔が効いているので、私も元気いっぱい。

20170315105133

 

その後、最初のトイレはナースコールしてくださいと言われ、15:30頃にナースコール。まだ全然歩けない。足がしびれる、腰がぬける。。。。そして、トイレで大量出血をみて若干フラフラ。

 

私の場合あまりにも歩き方が弱弱しかったので、次のトイレもナースコールするように言われました。(麻酔がよく効きすぎてたみたい)

 

17:30、2回目のトイレ。今度はもう少し歩ける、と同時に麻酔が切れたので痛みが。会陰の痛みもあるけれど、それ以上に、とにかく尾てい骨が痛い!!

 

めっちゃ痛いけれど、夫に支えてもらって新生児室に行きます。可愛いわが子と対面。ちっちゃい。すやすや寝てる・・・3300グラムと大き目サイズだったけれど、産まれたての赤ちゃんってほんっとに華奢。

 

ついでに自分の体重を図ってみると、出産前から4キロしか減ってない。(59→55kg)赤ちゃん3300グラムなんですけど・・・、羊水とか胎盤も出てるのに。もっと減ってると思っていたのでショックを隠し切れません。

 

ベッドに戻ると、さらに痛みが増してきました。切開と縫合をしたばかりの会陰も気になるし、後陣痛と言われる下腹の痛みもひどいし、とにかく全身不快感でいっぱい。夕食が運ばれてくるも、ほとんど食べられません。

痛み止めを飲んで、なんとか眠りにつきます。消耗しているので、とにかく寝て体力を戻さないと!と思ってました。

 

 

スポンサーリンク