アラフォーママの煩悩全開ブログ

のんびり暮らしたいワーママの理想と現実。コストコ好き。Youtube大学好き。家事全般苦手。無痛分娩の記録もあります。

マタニティマークはつける?つけない? 通期中に起きたトラブルとうれしい出来事

スポンサーリンク

妊娠中の方、マタニティマークはつけてますか?妊娠するまで意識することは少なかったですが、通勤中の電車でも、マタニティマークをつけた妊婦さんはけっこう多いですよね。

 

私も妊娠中はずっとつけてました。マタニティマークをつけると嫌がらせを受けるなんていうニュースもあったので最初は悩みましたが、結局つけていてよかったと思います。

 

 

周りの人の優しさに感謝。日本の社会は思っていたより懐が深い

 

妊娠初期の頃、電車で立っていたら急に貧血になってしまい、ドアにもたれかかってなんとかバランスを保っていたところ、

 

「妊婦さんが顔色わるいわ!だれか席をゆずってあげて」

 

と知らない方が周りに声をかけてくれました。ぼんやりしてる間に譲っていただいた席まで連れていってもらい、さらに電車を降りたあとも、今度は別の方が「ベンチはここ」「飲み物もってる?」と助けてくれました。見ず知らずの私にここまで優しくしてくれるとは・・・それも複数人。社会ってあたたかいんだなと泣きそうになりました。

 

妊娠初期ではお腹は目立たないので、マタニティマークを付けていなければ妊娠中ということはまずわかりませんので、付けていてよかったと思える出来事でした。この時以外にも結構席を譲っていただける機会は多くて、本当に有難い限り。

 

マタニティマークが目立ちすぎると気まずいことも

 

通勤時間帯だと、まず電車に座れることは少ないですよね。体調が良い日は立っていても特に問題がないことも多かったので、基本的には立って乗っていました。

 

ただし、鞄を抱えて座席の前に立つと目の前の人にバッチリとマタニティマークが見えるわけです。これ見よがしという感じなので、緊急時以外はマタニティマークを見えない角度に鞄を持ち替えて乗るようにして、気まずさを回避。

 

逆に、具合が悪くてもう無理だー、という日はマタニティマークを見える位置にもっていって優先席の前へ移動していました。(座れないことも多いですが)

 

妊娠後期もマタニティマークがあった方がわかりやすい

妊娠後期になるとマタニティマークが無くても周りには妊婦だとわかるのかなと思っていましたが、それは妊娠経験者だけの思い込み。特に男性は妊婦か、ふくよかな人かわからず席を譲っていいものかよくわからず悩むこともあるようです。

 

電車で、目の前の男子高校生二人が私を見て「ひそひそ」「ひそひそ」と話していたので(何か感じ悪いなぁ)と思っていたところ、その子たちが意を決したように「席どうぞ!」と席をゆずってくれたことがあって(感じ悪いと思ってごめんーーー!ありがとう!!)と非常に反省したことがあります。「妊婦さん?」「そうかな?そうかも」みたいな話をしてくれていたんだと思います。なんていい学生さんなんだ。

 

マタニティマークを付けていて怖かったこと

一度だけ、社内で年配の女性に鞄でお尻をバシっと叩かれたことがありました。けがするほどではないけれど、それなりに痛いくらいの強さです。その人が電車を降りるタイミングで叩いて去っていったという感じ。予想外のことに呆然としてしまい、何も反応できないままその人は行ってしまいました。

 

その人は最初私の隣に立っていて、その間ずっと何かぶつぶつと聞き取れない程度の声で呟いていました。その後席が空いた時に席へ移っていき、私はその時ずっと立っている状態だったので何か不愉快なことをした覚えはないのですが・・・大きいお腹で幅を取っていたので、押してしまったのかもしれない。

 

恐怖心とともに、叩くってどういうこと!?とふつふつと怒りがわいてきましたが、怒っていても何も解決しません。最終的には「こういうタイプの人はいるんだろうな」「外では身を守るためにもう少し警戒していなければ」と思うことにしました。このケースでは、となりの人が何かずっと呟いているという時点で移動しておくべきだったんだと思います。

 

マタニティマークについて注意したこと

妊娠中は自分の体調変化でわりといっぱいいっぱいですし、それほど過敏に気を使わなくてもいいかなと思っていました。頂けるご厚意や親切にはありがたく甘える方向で。なので私は「周りの人に配慮を強要しない」というポイントに絞って気をつけてました。

  • 必ずお礼を伝える

当たり前のことですが、席を譲っていただいた方には必ずお礼を言いました。他に返せるものは何もないのでせめてお礼だけでも。

  • 通勤電車で毎日続けて同じ人の前に立たない

通勤電車は基本的に同じ時間、同じ車両に乗ることが多いので、前日に席を譲っていただいた人の前に続けて立つようなことは避けました。座れるなら座っていたいのは皆同じなので、毎日同じ人に甘えるのはNG。

  • 通常座席ではマタニティマークを目の前に見せつけない

意見が分かれるところかと思うのですが、席を譲ってほしいなら優先席付近に行くべきかなと思っていたので、通常座席ではマタニティマークは極力見えないようにしていました。でも混んでいたり、お腹が大きいと優先席前って行きにくいんですよね。なのでこれはできればやっていたこと。

  • 優先席に座っているときに緊急性の高い人がいないかチェックする

優先席付近は実はかなりマタニティマーク率が高いです。女性専用車両だとなおさらそうですね。座っている人も、その前に立っている人も妊婦ということもしばしば。けがや病気の人もいるので、座っても周りに気を付けられるようにできるだけ寝ないようにしてました(睡魔に負けることもしばしばありますが)

 

スポンサーリンク