アラフォーママの煩悩全開ブログ

のんびり暮らしたいワーママの理想と現実。コストコ好き。Youtube大学好き。家事全般苦手。無痛分娩の記録もあります。

2回目の予防接種(ヒブ・ロタ・肺炎球菌・B型肝炎・4種混合)親子ともども疲労困憊

スポンサーリンク

 3ヶ月に入り、2度目の予防接種を受けました。今回はなんと5種類。もうね、ぎゃん泣きを超えて叫びまくりで、私まで魂が吸い取られました。

 

今回受ける予防接種には、「ロタ」という経口ワクチンが含まれているので、開始1時間前までにミルクを済ませないといけません。

 

なので、予防接種1時間前に息子にミルクをあげたのですが、まったく飲まず。最近はお腹すいてるタイミングじゃないと飲まないんですよね。ここで飲んでおいてくれないと次にミルクの間隔が4時間以上も空いてしまうのだが・・・これは、ただでさえお腹がすいて泣いちゃうところに注射すパターンだ。。始まる前から恐怖の展開が分かっているという悲しい状況です。

 

病院で待っていると、さっそく息子はお腹がすいて泣き始め。おもちゃを使ってなんとかあやしながら、長い待ち時間と戦います・・!この時点で私は疲労気味。それでもなんとか順番が回ってきて、簡単な問診を済ませるとすぐ、ロタワクチンが息子の口に流し込まれます。

 

お腹がすいているんだから、しかも甘い味付けなんだから、喜んで飲むのかと期待したのですが、「何この不味いの!」とでも言いそうな苦悶の表情に変わる息子。飲み込まずにいると、先生に容赦なく口を開けられ、半ば無理やり飲まされてしまいます。これで、またもや泣く1秒前のような顔に。

 

そのまま注射に続くのですが、今回は両腕に2本ずつ計4本と本数が多い!一本目の針が腕に刺さるやいなや、普段聞くことのないような叫び声をあげ、2本、3本と進むごとに鳴き声が増して行きます。顔も真っ赤、赤黒いといってもいいほどの顔色の変わりようで、見ているこっちもつらいです。

 

私も息子も精神の限界が来たところで、注射は終了。その後は重篤な副反応が出ないか様子を見るために30分は病院で待機して、再度問診があります。

その間息子は、ぎゃん泣き→泣き疲れて寝る→泣きを繰り返していました。今回の新しいリアクションとしては、思い出し泣きのような、注射の泣きを引きずったこと。前回は注射が終わったらわりとすぐ泣き止んでいたのですが、記憶力が付いてイヤな思いをしたのをなかなか忘れられないのかも。

 

それでも、家に帰ってミルクを飲んだ後はご機嫌に戻り、疲れたのか超・爆睡でした。ありがたや、ありがたや。

 

ちなみに、翌日も体がだるかったのか、息子の昼寝時間は長めで、動きも少なめ。めずらしく夜中に起きて泣いたり、便秘したり、なんだかリズムがずれてしまった模様です。小さな体で、痛みをこらえて、さらに体に免疫を作っているんだものね。。。今回もよく頑張った、息子。お疲れ。

 

・・・と思っていましたが。それだけでは終わりませんでした!

2度目の摂取にして、長らくロタワクチンの副作用と思われる下痢に悩むことに。その様子はこちらの記事で紹介しております。

www.kosodatesedai.net

www.kosodatesedai.net

 

スポンサーリンク