アラフォーママの煩悩全開ブログ

のんびり暮らしたいワーママの理想と現実。コストコ好き。Youtube大学好き。家事全般苦手。無痛分娩の記録もあります。

ハイハイなんてできません!落ち込みまくった10ヶ月検診1

スポンサーリンク

今でも忘れられない、10ヶ月検診のこと。

 

f:id:mamatora:20180507110945j:plain

ハイハイもズリバイもできません!

10ヶ月経った息子はハイハイも、ずりばいも、寝返り返り(うつぶせの状態から仰向けになる)も全くしませんでした。

 

ひたすら、おすわり。お座り姿勢だとゴキゲンです。

 

同じ月齢の子はハイハイレースに出たり、早い子は歩いていたりしたので、この時点で多少焦りはありました。

 

「ハイハイの練習にはうつ伏せがいいんですよー」

 

と言われても、うつ伏せにするとぶちぎれて泣きます。うつ伏せ大嫌いな子のようです。そのためずうーっとお座り。

 

10ヶ月検診で言われた衝撃のコトバ

そんな状態で10ヶ月を過ぎたのですが、成長なんて人それぞれ・・と軽く考えて10ヶ月検診に行きました。

 

「ハイハイも…ずりばいもしないんですか?…全く?

それなのにどうして今まで放っておいたんですか?」

 

はい?

 

お医者さんに冷たく言い放たれてガツンと頭を殴られたような気がしました。「放っておく」ってなに?

 

4か月検診では異常無しだったし、いつのタイミングで相談すれば「放っておく」ことにならなかったのでしょうか。(私の住んでいる自治体では定期健診は4ヶ月→10ヶ月→1歳半のタイミングなんです)

 

放っておいたつもりはないし、ハイハイの練習しようにもうつ伏せ大嫌いで無理なんですけど・・・。

 

「パラシュート反応もありませんね。出産にトラブルはありませんでしたか…?」

 

「無痛分娩で、多少出血は多めで吸引分娩でしたけど異常ありませんでしたよ?」

 

「そう…ですか。脳性マヒの可能性は低いと思いますが…」

 

何!?いきなり怖いことをつぶやかないで!!パラシュート反応って言葉も知らないから!

 

「とにかく大きい病院で再検査してください。紹介状書きますから」

 

「え!?うちの子大丈夫なんですよね!?」

 

「…早めに対処すれば、普通の子と同じように過ごせる可能性も高いですから。

今日の結果は母子手帳には特に書きません。後々残るものですから、ご本人が見たら可哀想ですから…ね。」

 

後は察しろと言わんばかりの表情で言われて、頭が真っ白になりました。

 

可哀想とはどういうこと!?

うちの子は普通の子と違うの?

 

 

とぼとぼと、何も聞けずに病院を後にしました。母子手帳には、10ヶ月検診をした病院の印鑑とこどものカウプ指数(身長体重バランスの指標)だけが記載されています。

 

 

パラシュート反応って?

赤ちゃんを横抱きにして、顔を地面に近づけた時に、両手をパっと広げて着地しようとする反射のことらしいです。家に帰って調べました。通常は10ヶ月頃には体の自然な反射として、この動きができるようになるそうです。

 

反射なので、練習する必要は無い…というか、練習してもムダなんだそうです。ただし、病院で緊張しているとうまくできない子もいるようです。

 

再チャレンジすると、できたり、できなかったり。全くできないのよりずっと安心なんですが、反射なら毎回できるんじゃないの?と不安がよぎります。

 

気軽な気持ちで10ヶ月検診に行ったのに、よもやこんなに不安だらけの気持ちで帰宅するなんて。

 

スポンサーリンク